« スズメ | トップページ | ツグミ »

2008年3月 6日 (木)

ゴイサギ

Goisagi080216_1

 ゴイサギは森林を好む夜行性のサギです。 昼間はあまり動かず、樹上などで休んでいることが多く、主に夜に活動します。 夜、「クワッ、クワッ」と鳴きながら飛ぶので、「夜ガラス」とも呼ばれています。
 食性は肉食性で、水辺で待ち伏せ、獲物が通りかかると、普段折りたたんでいる首を伸ばして捕食します。
 写真は堺市中区の菰池で撮りました。 上は成鳥で、昼間ですのでほとんど動かず、気が向けば、写真のように少し歩く程度。 下は1本足で休んでいた成鳥の所へノソノソと幼鳥がやってきて、成鳥が2本足になろうかというところ。 幼鳥は褐色にたくさんの白い点があり、「ホシゴイ」とも呼ばれています。

Goisagi080216_2

 ゴイサギの名前の由来は、「大鏡」に次のような話が書かれています。 醍醐天皇が京都の神泉苑で、池にいたサギを捕えさせようとした時、逃げ回っていたサギが、廷臣の「勅なれば畏まれ」と叫んだ声に応じて天皇の前に飛来し、羽根をたたんだ。 天皇はこの行動に対し、このサギを従五位に叙したといいます。

|

« スズメ | トップページ | ツグミ »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

ず~っと、鳥は夜になると視力が低下するもんとばかり思ってました。
誤解だったんですね。

でも、夜に鳥のさえずりってあんまり聞いたことがないです。
でも、フクロウなんかは夜ですよね?

<下は1本足で休んでいた成鳥の所へノソノソと幼鳥がやってきて、成鳥が2本足になろうかというところ>の、ノソノソと幼鳥がやってきて・・・の部分が言い得て妙!!です

投稿: わんちゃん | 2008年3月 6日 (木) 22時47分

こんばんは♪
友人が川にペンギンがおる!と言うので見るとゴイサギでした
冬の川辺で固まったようにじーーと水面を見てるゴイサギは
言われてみたらちょっとペンギンっぽかったです

写真のゴイサギ、抜き足差し足ですね

投稿: エフ | 2008年3月 6日 (木) 22時48分

わんちゃん、鳥にもいろいろ、「鳥目」というのは、昔はあちこちの家で飼われていた身近な鳥、ニワトリの目についてのことです。

エフさん、ゴイサギも首を伸ばせば伸びるのですが、なかなか伸ばしてくれませんね。できるだけ動きのあるところを撮ろうとしているのですが、難しいです。

投稿: そよかぜ | 2008年3月 7日 (金) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/10991647

この記事へのトラックバック一覧です: ゴイサギ:

« スズメ | トップページ | ツグミ »