« リーフマイナー | トップページ | オオイヌノフグリ »

2008年3月15日 (土)

ホオジロ

Hoojiro080315_1

    ホオジロのオス

Hoojiro080315_2

    ホオジロのオス(左:背中しか見えない)とメス(右)

 ホオジロは、種子島・屋久島から北海道まで分布する身近な野鳥の1種です。 平地や丘陵地の明るく開けた場所で、単独または数羽ほどの小さな群れで生活し、おもに地上や低い樹上で活動します。 北海道などを除いて年中見られる鳥ですが、やはり草が枯れ、落葉樹が葉を落としている冬によく目につきます。
 「ホオジロ」の名前の由来となった頬以外に、喉や眉斑も白く、この白い色を仕切る帯状の模様がありますが、この部分の色が、オスでは黒く、メスは褐色です(上の写真)。 なお、幼鳥の顔は全体的に淡褐色をしています。
 これから春になると、ホオジロのオスは、草木の上に止まってさえずりをはじめます。 このさえずりの聞きなしとしては、「一筆啓上仕候」(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)や「源平つつじ白つ~つじ」などが知られています。

|

« リーフマイナー | トップページ | オオイヌノフグリ »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

正直なところ、
「聞きなし」という言葉は、今初めて聞きました。
ホオジロがさえずるのが聞き方によっては「一筆啓上仕候」と聞こえるんですね。
いっぺん聞いてみたいわ~~

「ちょっとこい、ちょっとこい」というようにさえずってるのは聞いたことがありますが
その鳥を見たことはありません。

投稿: わんちゃん | 2008年3月16日 (日) 22時09分

ホオジロにも“方言”があるようで、関西では「源平つつじ白つ~つじ」の方がよく当てはまるように思います。わんちゃんの近くでも、きっとさえずると思います。
「チョットコイ、チョットコイ」はコジュケイですね。この鳥も茂みの中の地面を歩き回っていて、なかなか姿を見せてくれませんね。

投稿: そよかぜ | 2008年3月17日 (月) 00時27分

ホオジロとのこの距離感がいいですね。ほとんど目の前ではないですか。

投稿: タロ | 2008年3月17日 (月) 00時40分

比較的近づけましたが、それでも20m前後はあったと思います。
天気が良かったので、速いシャッタースピードで撮ることができてブレずに済みました。

投稿: そよかぜ | 2008年3月17日 (月) 22時30分

20mも先の茂みの中でチョコチョコ歩いてる鳥を識別する、そよかぜさんの裸眼視力は相当なモンですね。

私もね、目の前の距離と思いましたよ。

投稿: わんちゃん | 2008年3月19日 (水) 15時39分

飛んで来て、着地したのです。初めからそこにいたのでは分からないでしょうね。

投稿: そよかぜ | 2008年3月19日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/11380781

この記事へのトラックバック一覧です: ホオジロ:

« リーフマイナー | トップページ | オオイヌノフグリ »