« ジョロウグモ | トップページ | コウヤボウキの痩果 »

2008年1月20日 (日)

コゲラ

Kogera080119_1

   写真をクリックすると拡大します
   撮影データ : FZ-30 + DCR-2020PRO トリミング

 枯れたアカマツの幹でコゲラが餌を探していました。 この木の幹はつつかれてできた穴がいっぱいです。
 コゲラは日本にいる最も小型のキツツキです。 泉北ニュータウン内でも時々見かけます。 ギー、ギーと鳴いて、その存在はすぐ分かるのですが、チョコチョコとよく動くので、なかなかいい写真が取れませんでした。
 上の写真は、「堺自然ふれあいの森」で撮ったのですが、ここはお食事場所らしく、けっこう長くいてくれました。 ただし、穴の中をさかんにつついているので、ほとんどの写真は頭がブレているか、頭は穴の中で見えないかのどちらかです(下の写真)。

Kogera080119_3

|

« ジョロウグモ | トップページ | コウヤボウキの痩果 »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
鳥ってちょこまか動いて落ち着きませんネ
以前コゲラが庭の梅の木で子育てをしました
コゲラが壊れる~くらいのすごい勢いで
木を突付いて巣にする穴を開けたんです
クチバシが堅いんでしょうか
子育ての巣の中を覗いてみたいとウズウズしてました
その梅の木はその後枯れてしまいました
コゲラは枯れることを知ってて
巣に選んだのかなと思いましたがどうなんでしょ

投稿: エフ | 2008年1月20日 (日) 13時10分

コゲラが突っつくから枯れたの?
と、思いたくもなるような勢いですね。

いっそのこと頭を突っ込んだコゲラも見てみたい・・・

チョコマカ動き回る鳥さんを上手く撮れてますね。
ちょっと気になります、青いのは何?

投稿: わんちゃん | 2008年1月20日 (日) 18時47分

エフさん、庭で巣作りとはすごいですね。写真はあるんですか?
ウメの木に巣を作ったのは、樹勢が弱っていて、材の部分が腐りかけて柔かくなっていたのかもしれませんね。

わんちゃん、失敗した写真は山ほどあります。どんどん撮ってどんどん捨てることができるのがデジカメですから、写真の撮り方もフィルムの時代と大きく変わってしまいました。
青いのって?
緑の撮影データの DCR-2020PRO というのは、テレコンバーターです。

投稿: そよかぜ | 2008年1月20日 (日) 22時19分

頭を突っ込んだの・・・・
カワイイ!!

ありがとさん。

青いのはバックの景色の色だったんですね、
お天気の良い日だったんだ。

投稿: わんちゃん | 2008年1月20日 (日) 23時40分

残念ながら写真はありません
まだデジカメもパソコンも持ってませんでした
カメラは持ってましたが撮ったという記憶がありません
巣の中から顔を出して連れを待ってる姿を
昨日のことのように思い出しましたが何年も前のことでした
枯れた梅の木は植え替えられて次の木にも
コゲラは何箇所も穴を開けましたが巣は作りませんでした
穴が開いたまま花を咲かせてます


投稿: エフ | 2008年1月21日 (月) 22時47分

コゲラが遊ぶ庭って、とってもうらやましいですね。
コゲラがつつくということは、餌になる虫もいるということ。豊かな自然が庭にあるんですね。

投稿: そよかぜ | 2008年1月22日 (火) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/9974163

この記事へのトラックバック一覧です: コゲラ:

« ジョロウグモ | トップページ | コウヤボウキの痩果 »