« ヒヨドリジョウゴ | トップページ | アメリカフウ »

2007年11月18日 (日)

ため池のカモたち

 大阪平野は瀬戸内式気候で雨が少なく、ため池がたくさん作られました。 でも農業のためのため池が住宅に囲まれるようになり、下水道等の整備は進められているものの、まだ生活排水などが流れ込んだり、放置されているために水質が悪化しているため池も、たくさん残っています。
 写真の池も富栄養化が進み、水面はアオコでウキクサの仲間でびっしり覆われています。 でも、そんな池にも今年もたくさんのカモたちがやってきました。
 この池も周囲は家に取り囲まれています。 池の堤に少し木が残っているのがいいのでしょうか。 来ているカモの種類は、ヒドリガモ、コガモ、ハシビロガモなどです(写真をクリックすると拡大します)。

Kamo071117_3

Kamo071117_2

 上の写真、少し大写しにしましたが、どの鳥も、嘴の先はアオコがウキクサの仲間がくっついています。 下に名前を書いておきますが、メスの見分けにはあまり自信がありません。 間違いを気づかれた方は連絡ください。
    コガモ(メス 繁殖羽移行中のオス)
   ハシビロガモ(オス)    ハシビロガモ(オス)
    コガモ(オス)         コガモ(メス)
    ヒドリガモ(メス)      コガモ(オス幼鳥成鳥)

※ '09.10.27.に取消線の部分を訂正しました。 詳しくは下のSinsさんのコメントで。
 Sinsさん、ありがとうございました。

|

« ヒヨドリジョウゴ | トップページ | アメリカフウ »

野鳥1 水辺の鳥」カテゴリの記事

コメント

アオコにまみれた鴨たち、面白い絵になってますね。
それにしてももうこんなに沢山の鴨たちが来ていますか・・・・。このところ鳥たちを見に行ってないので、近々に見に行きたくなりました。

投稿: タロ | 2007年11月18日 (日) 19時56分

こんばんわ~

鳥は鳩か雀、ツバメを知ってます。
が、オスかメスかは知らない~~

スゴイですね、池にたむろする鳥達がカモということが判らはって、それがオスかメスか大人か子供かまで判って、スゴイ・・・
尊敬します。

それにしても池の水面がここまで緑になりますか??

投稿: わんちゃん | 2007年11月18日 (日) 23時36分

カモもなかなか美しくてかわいいものです。
ほとんどがヒドリガモというカモの集団はあちこちのため池で見ることができますし、ヒドリガモは人に慣れるのも早いようですが、このような集団は比較的珍しいと思います。
近くの別の池では、マガモだけの集団、カルガモだけの集団もありました。いつかこれらも紹介したいと思います。

投稿: そよかぜ | 2007年11月19日 (月) 00時27分

おはようございます♪
渡り鳥の季節到来ですね
それにしてもすごい数!
それにアオコの緑にびっくり
冬も緑のままなんでしょうか

家の庭にもジョウビタキがやってきて
愛嬌を振りまいてます
冬はバードウォッチングがありましたね
写真が撮れないのが残念。。

投稿: エフ | 2007年11月21日 (水) 10時05分

どうもカモはアオコを食べているような気がします。それに、写真は17日に撮ったのですが、18日に木枯らし1号が吹き、アオコも打ち寄せられたようで、今日は水面がかなり見えていました。

投稿: そよかぜ | 2007年11月21日 (水) 23時03分

古い記事な上にtumumasiさんのお知り合いといことでコメントを控えていました。

断定できる状況にはないですが、緑色の水面を覆う物体はウキクサSpirodela polyrhiza ではないでしょうか?
アオコはバスクリンをお湯に入れたときのようなもので、通常はミクロキスティス等の藍藻類を指すものと思います。
カモ類はそのどちらも食しますが、有毒の藻類は避けているようです。

また時期的にメスとされているコガモ、特に羽繕いしている個体は胸のU字斑から繁殖羽移行中のオスの可能性が高く、オス幼鳥は外観から成鳥と思われます。

淡水ガモが多く飛来する条件はいろいろ考えられますが、富栄養化でハシビロが増加するなど一定の傾向はあります。自然保護団体が目くじら立てている餌やりは交雑種増加の原因でも富栄養化の直接原因でもありません。
水面近くに豊富に存在する沈水植物の葉やそれにつく昆虫、その植物体に付着再生し易い藻類の存在が大きいはずです。
そのためには、一定深度まで光が射しこむ水の透明度がある浅水域が多いことです。
ドブ川のように見えても、アオミドロ状の藻類があればコガモがそれを食べます。

投稿: Shins | 2009年10月25日 (日) 22時50分

Shinsさん、コメントありがとうございます。記事はある意味、誤りを指摘していただいたり関連する意見を聞きたいがために、思い切って書いているところもありますので、このようなコメントはたいへんうれしく思います。
たしかにアオコが嘴に付くというのは変ですね。
繁殖羽ではないオスとメス、幼鳥の識別はまだまだ力不足です。これからもよろしくお願いします。

投稿: そよかぜ | 2009年10月26日 (月) 00時42分

Sinsさんからいただいたコメントにより、取消線部分を訂正しました。
ただ、水面を覆っているのはウキクサ(Spirodela polyrhiza)よりは葉が小さいような気がしましたので「ウキクサの仲間」としておきました。

投稿: そよかぜ | 2009年10月27日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/8973641

この記事へのトラックバック一覧です: ため池のカモたち:

« ヒヨドリジョウゴ | トップページ | アメリカフウ »