« ヤナギバルイラソウのツボミを食べるハスモンヨトウの幼虫 | トップページ | ノダケ »

2007年10月10日 (水)

オオニシキソウ、コニシキソウ

Oonishikisou070924

  オオニシキソウ

 オオニシキソウもコニシキソウも、北アメリカ原産の一年草です。
 日本にはもともとニシキソウという植物があったのですが、これはコニシキソウに押されて少なくなりました。 ニシキソウの名前は、茎のピンクと葉の緑が目立つところから、「二色草」です。 「錦」ではありませんが、拡大すると、それなりの美しさを持っています。
 これらの植物の仲間には、他に、シマニシキソウ、ハイニシキソウなどがあります。 これらは全て、Euphorbia属(ユーフォルビア)です。
 ユーフォルビアの花は複雑、というよりも、どれが1つの花でどのようなつくりになっているのか、まだ定説がありませんが、大方の説としては、1つの花のように見える部分は、たいへん小さいですが、たくさんの花が集まっていると考えられています。 上のオオニシキソウでは、1つの花のように見える部分から、大きな果実が飛び出してきています。
 上のオオニシキソウの白い部分も花弁でもガクでもなく、オシベとメシベを取り囲む腺体の付属片と考えられています。
 オオニシキソウは、斜めに立ち上がり、数十センチの高さになりますが、コニシキソウは地を這います。 葉の上面にはふつう黒班があり、茎にも果実の表面にも白い毛が多いのが特徴です。

 

Konisikisou070924

  コニシキソウ

|

« ヤナギバルイラソウのツボミを食べるハスモンヨトウの幼虫 | トップページ | ノダケ »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~

そうなんですね、ニシキといえどもオオとコでは見た目が全く違いますね。
ということを、この夏初めて知りました。
ニシキもずっと錦と思ってました。

シャキッ!っと細かいとこまで良く撮れてますこと・・・丸い実には気がつかなかった。

コニシキの方は地面すれすれですよね~

ここへ来るといつもいつも新しい発見でメッチャ楽しいで~す・・・・

投稿: わんちゃん | 2007年10月11日 (木) 15時22分

ありがとうございます。
特にコニシキソウは拡大して初めてわかる美しさですね。

投稿: そよかぜ | 2007年10月11日 (木) 22時05分

【わんちゃんの独り言】オオニシキソウの記事でこちらにリンクさせていただきました。
ヨロシクです。

投稿: わんちゃん | 2013年8月30日 (金) 23時17分

了解です。
こちらですね。

投稿: そよかぜ | 2013年8月31日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオニシキソウ、コニシキソウ:

« ヤナギバルイラソウのツボミを食べるハスモンヨトウの幼虫 | トップページ | ノダケ »