« ウラギンシジミ | トップページ | サルトリイバラの巻きひげ »

2007年10月31日 (水)

ひっつきむしの種子散布

 植物の種子散布の方法のひとつとして、“ひっつきむし方式”があります。
 ひっつきむしはくっつくだけでは種子散布にはなりません。運ばれた後、離れて地面に落ちなければ意味がありません。 でも、「ひっつきむしはいかにして離れるか」なんてテーマで書かれてあるのは、私は寡聞にして知りません。
 9月24日のコメントで、エフさんにそのことを書いたところ、エフさんはガーゼのハンカチにいろんなひっつきむしをくっつけて継続観察するなど、いろいろ調べてくれました。 エフさんの考察はかなり深いところまで進んだように思いますが、私の考えていることも含め、以下にまとめてみます。

 ひっつきむしは大きさも様々、くっつきかたも様々です。 9月25日にエフさんが思いついたのは、動物が積極的にひっつきむしを取り除こうとする行動があるのではないかという事です。 私は、オオオナモミなどの大きなひっつきむしの場合は、動物がうずくまったり横になったりするときにひっつきむしが邪魔になりますので、この行動が中心になるのではないかと思います。

Ooonamomi071020_1

   オオオナモミ

 では、ひっつきむしは一定の時間の経過後に取れやすくなるような変化は無いのでしょうか? 私は小さなタイプのひっつきむしでは、時間経過に伴って起こるいろんな変化は無視できないのではないかと思います。
 10月9日のコメントで、エフさんは、ヌマダイコンのひっつきむしのベタベタは時間が経って乾燥してきたらくっつきが弱くなったように感じたと書いています。 ヌマダイコンのほか、チヂミザサなどのベタベタタイプのひっつきむしは、時間が経つにつれ、離れやすくなるのだと思います。
 アレチヌスビトハギのひっつきむしでは、しなやかさが変化します。 青いうちにくっついたアレチヌスビトハギの果実は、時間とともに水分が少なくなり、ナヨナヨとしてきます。 さらに時間が経つと、今度は水分が飛んでパリッとしてきます。 柔かすぎるのも硬すぎるのも、適度に張りのある状態に比べれば、取れやすいような気がします。

Aretinusubito071021

   アレチヌスビトハギ
 そして、10月15日のコメントで、エフさんの考察は核心に迫ったように思います。 私たち人間が感じるひっつきむしの“ひっつき度”と、動物にくっつく“ひっつき度”は異なるのではないか、つまり、人間がくっつかれて困る衣類の繊維は縦横に複雑に織られていますが、動物の毛は一方向に流れているだけだ、というわけです。 縦横に織られている繊維に絡んだひっつきむしは、どちらに動かしてもさらに繊維と絡みますが、一方向に流れている動物の毛では、ひっつきむしをその方向にずらせば、スッと抜けるというわけです。 人間は衣類にくっついたひっつきむしを見て、その離れにくさでひっつきむしを理解しがちですが、本来動物にくっつくように進化してきたひっつきむしは、「適度に離れやすく」くっついているというわけです。 犬に服を着せて草むらに入らせると、このことはハッキリします。
 エフさんはひっつきむしを観察し続ける中で、ひっつきむしのくっつく細かなしくみの美しさに感動されたようです。 ひっつきむしには「機能美」があるようです。

|

« ウラギンシジミ | トップページ | サルトリイバラの巻きひげ »

ノート」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~

コロのしっぽにひっついたアレチヌスビトハギは知らない間に取れてました。
ところが、軍手にくっついたのは洗濯して干して、といれた時にもくっついていたのを思い出しました。

ひっつき度の証明ですね・・・・

投稿: わんちゃん | 2007年10月31日 (水) 23時24分

こんばんは♪
う~~ん、、エフさんすごい観察ですね
このエフさんはエフとは別人なのでは?!

今回の記事は予習が効いたのかわかりやすく
書いてもらったのかすんなり頭に入りました
わからない言葉があると思考が地団駄してしまうんです

そよかぜさんの提案でひっつきむしを調べて
今回こうしてそよかぜさんの知識と合体してもらえて
とっても愉快な経験ができました
そして植物が更に好きになりました
美しいだけじゃなく賢く逞しくしたたかな植物たち
同じ地球に生きる同志だったんですね

ちょっと意識が変わっただけで世界がうーーんと拡がりました
感謝します♪


投稿: エフ | 2007年11月 1日 (木) 22時25分

エフさんはひっつきむしのことをずっと頭に置いていたので、わんちゃんのような経験から布と動物の体の毛の違いに改めて気づかれたんでしょう。まさしく「コロンブスの卵」体験です。
考えることは楽しく、
知識は世界を広げる
   ですね。

投稿: そよかぜ | 2007年11月 1日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/8702443

この記事へのトラックバック一覧です: ひっつきむしの種子散布:

» おしりかじりむし [おしりかじりむし]
おしりかじりむし [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 22時39分

« ウラギンシジミ | トップページ | サルトリイバラの巻きひげ »