« 4本の足で止まる②(ヒメアカタテハ、ナシイラガ) | トップページ | アカハネナガウンカ »

2007年8月31日 (金)

ノアズキ

Noazuki070825_2

 ノアズキが黄色い花をたくさんつけていました(H19.8.25. 堺市南区岩室)。
 この花、よく見ないと、何がどうなっているのか、さっぱり分かりません。

Noazuki070825_3

 “一般的な”マメ科の花は、旗弁、舟弁、よく弁からなり、普段は舟弁がメシベとオシベを保護していて、虫が蜜を求めて近づくとメシベとオシベが現れて、虫の腹を介して花粉媒介が行われるという、それなりに工夫されたつくりをしています。 さらにそのバリエーションがいろいろあり、例えば腹に積極的に花粉を打ちつける花として、コマツナギを紹介しました。
 今回のノアズキは、虫の背やわき腹を狙って花粉媒介しようとしているようです。 そのために、下にあった舟弁とよく弁のセットをくるりと半回転させ、舟弁の先端が上に来るようにしています。
 なにもそこまで凝らなくても、と思いますが、この方が、虫の体についた花粉を拭い去られてしまうことを防ぐことになるのでしょうか?

 ところで、栽培されているアズキに近い自生植物はヤブツルアズキとされていて、アズキの花もヤブツルアズキの花も、このノアズキの花とよく似ています。 でも、果実(=豆果)や種子の様子は違っています。
 下にノアズキの豆果の写真を載せておきます。 いわゆる普通のマメ科の扁平な豆果で、アズキのような俵型の種子を入れておくような豆果ではありません。

Noazuki070825_1

|

« 4本の足で止まる②(ヒメアカタテハ、ナシイラガ) | トップページ | アカハネナガウンカ »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
この花今いっぱい咲いてますね
蔓植物なのでよけいにどっちがどっち??
と目が回りそうになります

舟弁は竜骨弁とも図鑑に載ってましたが
何と読むんでしょうか
専門的な名前は読み仮名が書いてなくて
わからないのが多いです
常識だろ~と言われてるようで
ひっそり調べてます

ガガイモの花が咲いてたので近々記事を
書く予定です
そよかぜさんのガガイモの記事に
リンクをお願いできませんか?
スマートにリンクできるように
勉強中なんです 
これがよくわからなくて迷走中

投稿: エフ | 2007年9月 1日 (土) 15時27分

ノアズキも花盛りなんですね。

立秋過ぎると暑くても少しずつ秋の気配を感じさせる花たちが咲き始めますね。

投稿: タロ | 2007年9月 1日 (土) 21時28分

タロさんのおっしゃるように、急に野の花が増えましたね。
エフさん、舟弁は「しゅうべん」、竜骨弁は「りゅうこつべん」です。リンクは大歓迎です。リンクの方法でお困りのようですが、エフさんもココログですから、リンクしたいページのアドレスをコピーしておき、「記事の作成」で、リンクさせたい文字を反転させておき、リンクボタンを押して出てくるアドレス入力欄に貼り付ければできるはずです。具体的に「ここが分かりにくい」というところがあれば、またご質問ください。

投稿: そよかぜ | 2007年9月 1日 (土) 22時10分

アップになった花を見ても、なんとややこしいつくり、
でも黄色い小さな花はかわいいですね。

マメ科つながりで・・・
ミヤコグサを撮ったことがありましたが、またちょっと趣が違って見えますね。

マメの入ってるサヤは平べったいままなんでしょうか?

投稿: わんちゃん | 2007年9月 1日 (土) 23時47分

こんにちは。
ノアズキが咲いていましたか。面白い形の花ですね。去年見つけたあたりがすっかり草刈りされて、今年は見られないとやや諦め気味です。こちらで楽しませていただきました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2007年9月 2日 (日) 12時58分

わんちゃんへ
ミヤコグサも清楚できれいな写真になる植物ですね。
マメの鞘は写真の形のままです。

多摩NTの住人さんへ
草刈が無いと林になってしまってノアズキは見られなくなるし、難しいところですね。

投稿: そよかぜ | 2007年9月 2日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノアズキ:

« 4本の足で止まる②(ヒメアカタテハ、ナシイラガ) | トップページ | アカハネナガウンカ »