« ルリモンハナバチ | トップページ | アメリカシロヒトリの羽化 »

2007年8月13日 (月)

アメリカオニアザミ

Amerikaoniazami070729_1

 堺市内でもアメリカオニアザミをあちこちで目にするようになってきました(写真は堺市南区富蔵で撮ったものです)。
 アメリカオニアザミは、ヨーロッパ原産の帰化植物で、最初、北海道で確認され、どんどん南下してきています。 地球温暖化とは逆のようですが、単純に分布を広げているということだと思います。
 全体的に刺がよく発達しています。 羽状に深裂した葉の縁に刺があるのはもちろん、茎にもひれが発達していて、そのひれにも硬い刺があります。
 上の写真の中央に写っている頭花(ひとつの花のように見えているもの)は、じつはたくさんの花の集まりであることはご存知だと思いまが、それぞれの花(筒状花)の間には細長いりん片があります。 花が終わるとこのりん片が目立ってきて、ドライフラワーのような姿になります(下の写真)。 このりん片に守られて、種子は成熟していきます。

Amerikaoniazami070729_2

 種子が完成すると、それぞれの種子が白い冠毛を広げ、いちどに体積が増えます(下の写真)。 後は風に乗って種子が散布されるのを待つばかり。
 今回も全ての写真はクリックしていただくと拡大できます。 下の写真を拡大してよく見ていただくと、冠毛の1本は、さらにたくさんの枝を羽状に出しているのが分かります。 これはアザミ属の特徴の1つになっています。

Amerikaoniazami070729_3

 

【おまけ】
 下はこのアメリカオニアザミにいたゴボウゾウムシです。 写真を撮ろうとすると落ちてしまいましたので、写っている葉はアメリカオニアザミの葉ではありません。
 ※ ゴボウはアザミに近い植物です。

Gobouzoumishi070729

|

« ルリモンハナバチ | トップページ | アメリカシロヒトリの羽化 »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

ウチの近所に咲くアザミはそんなに棘がありませんよ。

そよかぜさんの近所ではアザミに悪さをする人いるんじゃないですか?
それで、そこのアザミはいつの間にか棘棘しくなっていったんじゃないですか?

「そんなアホな」と、言わないで・・・・

ゴボウってあの野菜のゴボウ?
散歩道にゴボウ畑がありますけど・・・

投稿: わんちゃん | 2007年8月13日 (月) 23時26分

私はいじめてませんよ。いつも撫でてやってるんですから。(単に花粉を出させて喜んでいるだけという意見もありますが・・・)
アザミの種類数も驚くほど多いんですよ。
ゴボウは野菜のゴボウです。花を咲かせるとゴボウがやせるので、畑では花を咲かせるところにいくまでに収穫しますが、花はアザミの花によく似ていますよ。

投稿: そよかぜ | 2007年8月14日 (火) 00時09分

アザミも種類が多くて、よく分からなくなりますね。ヨーロッパ原産なのにアメリカオニアザミですか(笑)、よく覚えておきます。

先日、東秩父の山に出かけたときは、ある特定の種のザトウムシが、おそらくトネアザミだと思うのですが、アザミの葉上に多く見られました。そのザトウムシが何の因果でそのアザミが好きなのか、不明でした。

ゴボウといえば、タンポポの根っこなんかも食べられましたっけ?

PS:コマツナギの件、適切な回答、有難うございました。

投稿: タロ | 2007年8月14日 (火) 09時13分

こんばんは♪
このアザミすごいトゲです
これでは完全武装じゃないですか
写真に撮りたいこの強さ!

それにしてもゴボウゾウムシは
痛くないんでしょうか
全身が鎧のようではありますが・・
長い鼻に触角が生えててクスッ♪

小林さん近所の親切なオジサンかと
思いました
ブログ友だったんですね
失礼しました

投稿: エフ | 2007年8月14日 (火) 20時33分

そういえば、ゴボウ畑に花が咲いてるのを見たことなかったです。
アザミのような花だとすれば、ぜひ見てみたいものです。

フツフツと興味が「見たい見たい」と・・・
色は何色ですか?

投稿: わんちゃん | 2007年8月14日 (火) 23時31分

何か話はゴボウとゴボウゾウムシの方に寄ってしまいましたね。
タンポポもゴボウも同じキク科ですから、共通点はあるんでしょうね。キク科の植物には毒のあるものは少なく、食用になるものが多いですからね。
ゴボウゾウムシを「おまけ」にしたのは、別のところで紹介しているからで、そこでゴボウの花も紹介していますので、ごらんください。

投稿: そよかぜ | 2007年8月15日 (水) 09時39分

タロさんのコメントに関してですが、虫がいつ、どんな情報に基づいて、何のために何に集まるのか、多くの場合は謎めいている気がします。
同じように咲いている花にも、たくさん虫が集まっている日も全く虫がいない日もあったりします。
“生殖のために近くに集合”ということもあるんでしょうね。

投稿: そよかぜ | 2007年8月15日 (水) 09時54分

ゴボウの花見てきました。
ホント、アザミとソックリですね。

野菜は花が咲いてトウがたってしまうのと
花が咲いて実が実るのといろいろですね・・

散歩道のアザミは今、キレイな紫でとても可愛く咲いてます。
花の期間がながいです。

投稿: わんちゃん | 2007年8月15日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカオニアザミ:

« ルリモンハナバチ | トップページ | アメリカシロヒトリの羽化 »