« 4本の足で止まる①(コシアキトンボ、チョウトンボ) | トップページ | ノアズキ »

2007年8月30日 (木)

4本の足で止まる②(ヒメアカタテハ、ナシイラガ)

 4本の足で止まるのは、トンボに限ったことではありません。 今日は蝶や蛾について。
 まずはヒメアカタテハ。 下の写真、自分の重みで花が傾き、ひっくり返りそうになりながらも、4本の足でがんばっています。

Himeakatateha

 残りの2本の足は分かりますね。 トンボのように頭部と胸部の間ではありません。
 タテハチョウの仲間、マダラチョウの仲間、テングチョウなど、4本の足で止まるチョウはたくさんいます。 でも、いつもこんなふうに4本の足で止まるのであれば、残りの2本は何に使っているのでしょうね。

 続いて、ナシイラガです。

Nasiiraga070819

 これはまた新しいパターンです。 4本のように見えますが、じつは6本の足を使っています。 前足と中足をピッタリとくっつけていますので、4本のように見えているわけです。 でも機能的には4本ですよね。
【ナシイラガの食草】
 ナシイラガの幼虫は、ナシ(バラ科)以外にも、クヌギ・クリなどのブナ科やヤマナラシ(ヤナギ科)など、いろんな葉を食べます。

|

« 4本の足で止まる①(コシアキトンボ、チョウトンボ) | トップページ | ノアズキ »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

昆虫05 チョウ」カテゴリの記事

コメント

きれいな模様の蝶々さん、
拡大して見てみましたが、ややこしくってどれが残りの二本足やら・・・

ピュッと二本伸びてるアンテナみたいなのは触覚ですよね?
目みたいな丸い横のちょっと太目のも足みたいやし・・・

カーブになって伸びてる黒いのは一本しか見えないし、あぁ、わからな~い・・・・

そしてヌイグルミみたいなのが草にくっついてるし、蛾と言われても、上手に作った布ぐるみにしか見えないです。

投稿: わんちゃん | 2007年8月30日 (木) 23時09分

楽しんでいただいたようですね。記事に答を書かなくてよかった!

> ピュッと二本伸びてるアンテナみたいなのは触覚ですよね?
そうです。

> 目みたいな
複眼です。

> 丸い横のちょっと太目のも足みたいやし・・・
そのとおり。複眼の下の胸に押し付けられている、他の足と同じ色をした細長いものが前足です。

> カーブになって伸びてる黒いのは一本しか見えないし、
これは蜜を吸うストロー状の口です。

投稿: そよかぜ | 2007年8月30日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4本の足で止まる②(ヒメアカタテハ、ナシイラガ):

« 4本の足で止まる①(コシアキトンボ、チョウトンボ) | トップページ | ノアズキ »