« アオバハゴロモ | トップページ | コスズメ »

2007年8月 9日 (木)

ガガイモの花

Gagaimo070805_1

 ガガイモの花が咲いていました(堺市南区岩室)。 このガガイモの花、径12mm前後の小さな花ですが、硬くしっかりしていて、その花のつくりは、一見普通の花のように見えますが、驚くほど複雑です。
 下の写真は、花の中心部を写したものです。 合弁花の花冠の内側は長毛を密生していて、その中央にメシベがあります。 メシベは下に行くほど円錐形に膨らんでいくように見えますが、これは子房の膨らみではありません(後から説明します)。
 オシベは? 一見それらしいものは見当たりません。 かわって白いスペード形のものがメシベの周囲を取り囲んでいます。 そして“スペード”の間には黒褐色の小さなものが見えます。

Gagaimo070805_2

 じつはオシベとメシベはくっつきあって、一体化しています。 これがガガイモ科の特徴で、「ずい柱」と呼んでいます。 メシベの下部が膨れているように見えていたのは、このずい柱の部分です。 “スペード”はオシベの葯の先端が変化したものでしょう。
 下の写真は花冠の一部を取り去ったものです。 正面から見ると、光のかげんで“スペード”は見えにくくなりましたが、今度はその間にあった黒褐色の小さなものはよく分かります。 ここから左右に細い腕が伸びていて、薄い膜の下の黄色い楕円形のものにつながっています。
 黒褐色の小さなものの下には溝があって、その下には蜜が光っています。

Gagaimo070805_3

 蜜を飲もうとして虫たちが溝に沿って口などを入れたり潜り込んだりして引き上げるとき、何が起こるでしょうか? 私は虫の代わりに細~い棒でやってみました。 その結果が下の写真です。

Gagaimo070805_4

 薄い膜を破って、黄色い卵形のものが2つつながったものが飛び出てきました。 これは本来、虫の体にくっついて運ばれるべきもので、「花粉塊」と呼ばれています。 つまり花粉のかたまりで、一度にたくさんの花粉を運んでもらおうとしているわけです。
 下の写真は、この花粉塊をものさしの上に置いて撮ったものです。 目盛は1mmです。

Gagaimo070805_5

 

 話を少し戻します。 太くなっている部分は、オシベとメシベが一体化した「ずい柱」だと言いました。 では、子房はどこにあるのでしょうか?
 下の写真は、花の断面です。 花粉塊も写っています。
 写真で、ずい柱の下部に空洞がみられます。 その空洞に2個、メシベとつながっているものがあります。 これが子房なのです。

Gagaimo070805_6

 以上、ほんとうに手の込んだつくりの花だとは思いませんか? これだけ複雑に作ったのだから、さぞかし受粉の効率はいいのだろうと考えたくなりますが、実際は、たくさんの花をつけるのに、実はほんのわずかしかできません。 そのかわり、できた実は、花粉塊のおかげでたくさんの卵細胞を受精させることができ、たくさんの種子の入った大きな実ですが・・・
 花の数と実の数を比較すると、いったいこの花は何をねらって進化の道筋を歩んできたのかと、不思議に思います。

|

« アオバハゴロモ | トップページ | コスズメ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

面白いものですねぇ・・・・。
感心してしまいました。
いろいろ説明を聞かされているうちに自分でもガガイモの花を見つけてきて、実際に見てみたくなります。(あれ、先日も同じようなことを言ってましたっけ(笑))

投稿: タロ | 2007年8月10日 (金) 00時00分

ガガイモの花の画像、
私的には、スイーツを見てるような錯覚に陥ってます。

お砂糖を溶かして固まらせ、細く細くして
ピンクのコーン・カップにつけましょう、
スポンジ・ケーキをホイップ・クリームで飾り、黄色とエンジのゼリーも飾ります。

ピュっと真ん中の長いのは飴ちゃん
スペードは?クッキーに粉砂糖をまぶしましょう。

こんなスイーツには紅茶(アールグレイ)がお似合い・・・・

投稿: わんちゃん | 2007年8月10日 (金) 00時06分

タロさんへ
大きな実の中の種子の並び方もおもしろいですから、ぜひ花を見つけてみてください。

わんちゃんへ
「リアルスイーツ」、おもしろいですね。
形態を学びながら食べる・・・ そんなスイーツを作るお店があったら、自然愛好家のたまり場になるかも。

投稿: そよかぜ | 2007年8月10日 (金) 21時48分

こんばんは。
こちらのお陰でガガイモの勉強ができました。有り難うございました。実物で確かめたいのですが、去年見つけたあたりがすっかり草刈りに遭って今年は姿が見えません。何とかまた見つけたいものです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2007年8月10日 (金) 22時59分

ガガイモ科の植物そのものがそんなによく見られる植物ではない、ということ自体、“進化の失敗”のような気がしますね。

投稿: そよかぜ | 2007年8月10日 (金) 23時42分

こんばんは。
こんなに詳しい説明を見て感激しました。お陰でガガイモの花の構造が良くわかりました。有り難うございました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2007年8月18日 (土) 21時21分

多摩NTの住人さん、ありがとうございます。そう言っていただけるとうれしいです。

投稿: そよかぜ | 2007年8月19日 (日) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガガイモの花:

« アオバハゴロモ | トップページ | コスズメ »