« ハスの花 | トップページ | アカツメクサのブチヒゲカメムシ »

2007年7月12日 (木)

クロバネツリアブ

Kurobaneturiabu070707_1

 写真は、ヤブガラシの花に来ていたものが、私から逃げてクズの葉の上に止まったクロバネツリアブです。 赤いマフラーと腹部の白帯が目立ちます。
 ※ かなり距離のある個体を無理して撮りましたので、今日の写真は拡大できません。
 沖縄から本州まで分布しますが、大阪では夏のツリアブです。 幼虫は他の昆虫に寄生しますが、さまざまな環境の変化で、あちこちで減少が心配されています。

Kurobaneturiabu070707_2

|

« ハスの花 | トップページ | アカツメクサのブチヒゲカメムシ »

昆虫06 ハエ・アブ」カテゴリの記事

コメント

アブとハチは似ているようでも別のモンなんですね?

どちらも刺されたらイタイ・・・・

でも、ソックリ

投稿: わんちゃん | 2007年7月13日 (金) 16時46分

ハチはお尻(にある針)で刺し、アブは口で刺します。ただし人を刺すアブはほんとに少ないですよ。自分自身を守るためにハチのように見せているアブは多いですが・・・
ついでに、ハチの翅は4枚ですが、アブの翅は2枚です。

投稿: そよかぜ | 2007年7月13日 (金) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロバネツリアブ:

« ハスの花 | トップページ | アカツメクサのブチヒゲカメムシ »