« ヨツボシホソバ、クロテンハイイロコケガ | トップページ | ヤマトシリアゲのメス »

2007年6月25日 (月)

タケカレハ

Takekareha070616_1

 6月16日午前9時16分、ヤダケの茂みで写真のような状態のタケカレハを見つけました。
 このままではよく分からないので、棒でつっついて別れてもらったのが下の状態です。 大きいほうがメス、小さいほうがオスです。

Takekareha070616_2

私の予想を交えた写真の解説:
 タケカレハの幼虫は、その名のとおり、タケやササ、ススキ、ヨシなどを食草として育ちます。 そして茶色に黒い紋のついた繭をつくります。 夜、メスが繭から羽化しようと繭の口を開くと、そこから性フェロモンが外に漏れ出します。 風に乗って広がる性フェロモンに導かれてオスが飛来し、繭の外側でメスの羽化を今か今かと待ち続けます。 そしてメスが繭から出てくるや否や、交尾を始めます。 交尾を終えてホッとしたオスとメス、それが1枚目の写真というわけです。
 江戸川柳に、「講釈師、見てきたような嘘を言い」というのがありますが、上の解説を信じてもらえますか?
 参考までに、タケカレハによく似ていて、もう少し明るい色をしたヨシカレハという蛾もいます。

|

« ヨツボシホソバ、クロテンハイイロコケガ | トップページ | ヤマトシリアゲのメス »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

ふ~~ん、そうなんや~

と、完璧な解説に頷いてるのは私だけ?

投稿: わんちゃん 質問コーナー | 2007年6月26日 (火) 23時06分

私も頷きたいのですが・・・

投稿: そよかぜ | 2007年6月27日 (水) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タケカレハ:

« ヨツボシホソバ、クロテンハイイロコケガ | トップページ | ヤマトシリアゲのメス »