« ルリトウワタ | トップページ | ワレモコウの水孔 »

2007年6月15日 (金)

エサキモンキツノカメムシ

Esakimonkitsunokamemusi

 エサキモンキツノカメムシのメスです。 ヤマウルシの葉の裏で、1齢幼虫を守っていました(6月9日、堺市南区釜室で撮影)。
 このように、エサキモンキツノカメムシのメスは、卵から孵化して2齢幼虫になるまで、何も食べず、ずっと保護し続けます。
 背中のハートは愛の印? 眼も母親の眼差しと感じるのは私だけでしょうか? 幼虫の真っ赤な眼もかわいいものです。

下は幼虫にピントを合わせたものです。 足もちゃんと分かります。

Esakimonkitsunokamemusi_2

 卵を保護するカメムシは、日本では16種確認されています。

|

« ルリトウワタ | トップページ | ワレモコウの水孔 »

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

もしや、このブログのなかで
長名ナンバーワンかも??
12文字にもなりますよ・・・

ハート型の模様がスゴイですね、
イキナリ現れるモンなんですか?
このハート模様。

1齢って一年のことでしょうか?

投稿: わんちゃん | 2007年6月16日 (土) 20時54分

友達のお家の庭のお花達をマイ・ブログで紹介したところ、シモツケソウが好きな蝶々はなんだったかなぁ?海を渡って来る・・・

って、言うてはりますが、
ご存知でしょうか?

投稿: わんちゃん 質問コーナー | 2007年6月16日 (土) 20時59分

そのうち19文字を出しますから(^_^;)

ハート模様は、夢を奪うようなことを言いますと、6月12日のヒゲナガカメムシの背中を見てください。ハート型が芽生えているでしょ。
左右対称の模様がハートに見えているだけです。

1齢について:
昆虫の体の表面は硬い(外骨格)ので、体が大きくなるのは、脱皮して体が柔かいわずかな時間のうちにグッと膨らみ、そして表面が硬くなることを繰り返します。
1齢幼虫とは、卵から孵った最初の幼虫のことで、脱皮すると2齢幼虫になります。
カメムシの仲間は5齢が終齢幼虫で、脱皮すると成虫になります。

シモツケソウを好むチョウは多いですし、海を渡るチョウもいろいろいますが、たぶんアサギマダラのことを言っておられるのだと思います。

投稿: そよかぜ | 2007年6月16日 (土) 21時25分

はぁ~~

一歳二歳とちゃうんですね・・・・
スイマセン・・・・

アサギマダラですね、さっそく教えてあげますね、そよかぜさんに聞いたよ・・・って。

19文字期待してま~す

投稿: わんちゃん 質問コーナー | 2007年6月16日 (土) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エサキモンキツノカメムシ:

« ルリトウワタ | トップページ | ワレモコウの水孔 »