« ミヤマキケマン | トップページ | ヒメクロオトシブミの揺籃づくり(Chap. 2) »

2007年4月27日 (金)

ダンコウバイ

Dankoubai070421_1

 これも1週間前の葛城山から。 花はほぼ終わりでしたが、咲き残りを撮りました。
 4月15日にタブノキの花を紹介し、オシベの葯にかわいい弁がついていることを紹介しました。 これはクスノキ科の特徴で、ダンコウバイもクスノキ科の落葉樹です。

Dankoubai070421_2 タブノキと違って1本のオシベの弁の数は2つです。 上の写真もクリックしていただくと拡大しますが、右に1本のオシベの拡大写真を載せておきます。 まるでウサギみたい・・・


 クリックご協力
  よろしくお願いしま~す
   => 《人気blogランキング》

|

« ミヤマキケマン | トップページ | ヒメクロオトシブミの揺籃づくり(Chap. 2) »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

今ね、西の方は明るいのに、スゴイ横なぶりの雨です。
今朝から風がきつかったです。

同じ日に同じ山を歩いていても、
まぁ、目の行く方向がこうも違うモノなのかとカンシン(そよかぜさんに)するやら、アキレル(私に)やら・・・の今日この頃デス。

私の唯一の宝物→花おりおり全5巻
には、檀香梅と載ってました。
梅ではないんですね、やはり良い香りがするんでしょうか?

投稿: わんちゃん | 2007年4月28日 (土) 14時44分

ウメでない梅、サクラでない桜、ランでない蘭など、たくさんありますよ。
くすのき科の植物は、花というよりも植物全体に香成分を持つものが多く、葉を揉んでみたり、枝を折っても、いいか悪いかは好みの問題として香りのするものがほとんどです。
樟脳はクスノキから取りますし、ニッケイもクスノキ科です。

投稿: そよかぜ | 2007年4月28日 (土) 22時52分

そよかぜさん こんばんわ~

そのぉ~あのぉ~
「これがクスノキ」ってのが、ようわかりません。

基本の基ですよね・・・面目ないデス

「花と木」の本によりますと
アオスジアゲハの幼虫はこの葉を食べるとか?
飛鳥時代の日本の木彫仏はすべてこの木だとか

樟脳に使うぐらいだから腐りにくいからでしょうか?

投稿: わんちゃん | 2007年4月29日 (日) 00時13分

仏像にクスノキを使うのは、適度な硬さがあって、腐りにくく、芳香があるからです。
現在でもクスノキを使う彫刻家はたくさんいらっしゃいますよ。
クスノキはそのうち紹介します(秋になるかな?)。お楽しみに。

投稿: そよかぜ | 2007年4月29日 (日) 00時47分

こんにちは。
早春に咲くダンコウバイの淡い黄色をとても気に入っています。葯はこんなふうになっていたんですね。勉強になります。有り難うございました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2007年5月 3日 (木) 08時03分

デジカメの性能が上がってきて、やっとこんな写真を撮ることができるようになって来ました。今までは実体双眼顕微鏡の世界でしたから・・・

投稿: そよかぜ | 2007年5月 5日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/6235067

この記事へのトラックバック一覧です: ダンコウバイ:

« ミヤマキケマン | トップページ | ヒメクロオトシブミの揺籃づくり(Chap. 2) »