カテゴリー「昆虫09 その他」の52件の記事

2014年6月23日 (月)

スジチャタテ

Sujichatate140619_1

 前にオオスジチャタテを載せましたが、今回は同じ属( Psococerastis )で、それより少し小さなスジチャタテです。
 スジチャタテは幼虫は集団で暮らしますが、成虫になると分散してしまいます。 スジチャタテの餌は樹幹や岩石等の表面で育つ不完全地衣類(不完全菌類と藻類の共生)ですが、写真はゴンズイの葉軸上です。 羽化し、飛んできて、たまたまとまったのがこの場所だったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

カワゲラの一種

Kawagera140312_1

 堺自然ふれあいの森にいたカワゲラの一種です。 3月12日の撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

ラクダムシの幼虫

Rakudamusi140308_1

 写真はネズの樹皮の下にいたラクダムシの幼虫です。 なお、上の写真のラクダムシの右の樹皮の割れ目には、ウズタカダニの体が半分写っています。

Rakudamusi140308_2

 ラクダムシの幼虫はマツの穿孔虫を食べているとのことですが、ヒノキ科のネズにも同様の穿孔虫がいるのでしょうか。 それとも単に越冬場所として利用していただけなのでしょうか。 樹皮を剥いで出てきたラクダムシの幼虫は、すぐに元気に動き回りましたが、樹皮の下に潜り込んで動かなくなりました。

 上は幼虫の頭部の拡大です。 なかなか立派な牙を持っています。

 ラクダムシの成虫や名前の由来などはこちらに載せています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

スカシチャタテ

Sukasichatate140212_1

 写真はヤツデの枯葉にいたスカシチャタテです。 体長は3.2mm、翅端までは4mmほどでした。
 「チャタテムシ」の名前は、チャタテムシの仲間であるこのスカシチャタテが茶筌(ちゃせん)で茶をたてる時に似た音を出すところからと言われています。 この発音器官は後脚の基節にあるようですが、これを撮るためにはもう少し撮影倍率を高める必要がありそうです。 なお、音は雌雄の交信のためでしょうから、もちろん越冬の時期は音を聴くことはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

金の卵

Chatate140131_1

 1月31日、ヤツデの葉の裏で、長径 0.5mmの金色に輝く楕円形の卵を見つけました。 卵の上には糸がかけられています。

 家に持ち帰っていたのですが、今日ルーペで見ると、孵化していることが分かりました。

 孵化の様子を撮れなかったのは残念ですが、近くを探すと下のような幼虫が見つかりました。

Chatate140213_2

Chatate140213_3

 幼虫の体長は 0.7mm、金色の卵はチャタテムシの卵だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

Bactrothrips ?quadrituberculatus

 Hepotaさんのブログに、岡島先生によるBactrothrips属の検索表が紹介されています(こちら)。 この検索表 (Hepotaさんのブログより下に引用:青字の部分) で昨日のオオツノアザミウマの同定を試みてみました。

Bactrothrips属
大型の種で、常に長翅型。雄の第6腹節背板側部に1対の角状の突起がある。
近縁のMegalothrips属とは小腮刺針が短く、左右の刺針が広く離れることで容易に区別できる。
主に広葉樹の枯れ葉に生息し、次の7種が分布する。

1. 脛節の大部分は暗褐色で、後脛節は基部と先端部のみ黄色みを帯びる … 2
- 脛節は黄色と暗褐色に色分けされ、後脛節の少なくとも先端 1/3 は黄色みを帯びる … 3

2. 複眼は腹面で後方に伸びる。本州;台湾に分布するが、やや局地的で、おそらく西南日本に広く分布するものと思われる。
アラカシの枯れ葉に限って生息するようである。
体長:雌 4.1-6.0mm 雄 3.8-5.4mm … B. flectoventris Haga & Okajima

- 複眼は腹面で後方に伸びない。本州・九州(対馬)に分布するが、前種同様西南日本に広く分布するものと思われる。
本種もアラカシの枯れ葉に限って生息するもののようで、本州では全種に混じって採集されることが多い。
体長:雌 4.1-5.9mm 雄 4.7-6.3mm … B. carbonarius Haga & Okajima

3. 中脛節の先端1/3以上は黄色みを帯びる … 4
- 中脛節の大部分は暗褐色、基部と先端部のみ黄色みを帯びる … 6

4. 前胸の後側板副刺毛はよく発達し、後側板刺毛のほぼ半分の長さ;
触角第3・4節の先端膨瘤部は淡褐色を呈し、明らかに第2節よりも色彩は淡い。
本州・九州(対馬)・琉球列島(奄美大島・沖縄本島・石垣島);
台湾に分布し、西南日本に広く分布するものと思われる。
アカガシの枯れ葉に限って生息するようである。
体長:雌 4.8-6.3mm 雄 4.1-5.8mm … B. Pictipes Haga & Okajima

- 前胸の後側板副刺毛は短く、少なくとも後側板刺毛の1/3以下の長さ;
触角第3・4節の先端膨瘤部は暗褐色を呈し、第2節とほぼ同色 … 5

5. 頭部は複眼部の幅の2.1倍より長い;
触角第3節は雄で頭部の 0.70-0.74倍、雌で 0.66-0.70倍の長さ;
雄の第6腹節の角状突起は内側に湾曲する;
雄の亜生殖板は細長い。
関東以西の西南日本;台湾;中国に広く分布し、本属中最も普遍的に見られる。
ブナ科やクスノキ科の常緑広葉樹の枯れ葉に生息する。
体長:雌 5.7-7.9mm 雄 5.6-7.7mm … B. brevitubus Takahashi

- 頭部は複眼部の幅の2.0倍より短い;
触角第3節は雄で頭部の 0.65-0..67倍、雌で 0.61-0.63倍の長さ;
雄の第6腹節の角状突起は外側に湾曲する;
雄の亜生殖板は舌型。
本州・九州に分布し、おそらく日本の温帯地域に広く分布するものと思われている。
クリやクヌギなどブナ科の落葉樹の枯れ葉に生息する。
体長:雌 4.6-6.2mm 雄 4.2-6.2mm … B. quadrituberculatus (Bagnall)

6. 頭部は複眼部の幅のほぼ2倍の長さ; 複眼は頭長の1/3より僅かに短い;
触角第3節の感覚錘はよく発達し、第3節のほぼ半分の長さ;
前胸の後側板副刺毛はやや長く、通常後側板刺毛の1/3よりかなり長い;
雄の第6腹節の角状突起はほぼまっすぐか弱く外側に湾曲する。
関東以西の西南日本に広く分布する。スダジイやアカガシなどブナ科の常緑樹の枯れ葉に生息する。
体長: 雌5.1-7.0mm 雄 4.9-6.9mm … B. honoris (Bagnall)

- 頭部は複眼部の幅の 1.67-1.88倍の長さ; 複眼は頭長の1/3より僅かに長い;
触角第3節の感覚錘は短く、第3節の1/3より短い;
前胸の後側板副刺毛は通常短く、少なくとも後側板刺毛の1/3より短い;
雄の第6腹節の角状突起は内側に湾曲する。
本州(山梨県・長野県)の山地帯から知られ、ミズナラの枯れ葉から発見される。
体長: 雌 5.4-7.2mm 雄 4.4-6.8mm … B. montanus Haga & Okajima


 上の検索表の1から検索をはじめます。

Kudaazamiuma140131_6

 上の写真から3に進み、3から4へ進みます。

Kudaazamiuma140131_7

 前胸後側板の刺毛はよく分かりませんが、近くにアカガシはありませんし、触角(上の写真)の様子から5へ進みます。

 5で困りました。 頭部 (長さ 0.55mm) は複眼部の幅 ( 0.3mm) の 1.8倍、触角第3節 (長さ 0.35mm) は頭部の 0.67倍で、体長は 4.8mmのメスです。 しかし、私の撮った写真からの測定では、0.1mmレベルでは誤差が大きくなってきます。 長いものほど誤差は少ないでしょうから、最も信頼できる値は体長、その次には頭部の長さと幅の比でしょう。 ですから、この検索表からの結論では、写真のオオツノアザミウマ属は B. quadrituberculatus ということになります。

 前回撮ったツノオオアザミウマ属は、体節ごとに赤い色が見られます (こちら)。 これもこの検索表で同定しようと思ったのですが、疲れてしまったので、またの機会にします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

クダアザミウマ科ツノオオアザミウマ属の一種

Kudaazamiuma140131_1

 写真は体長4.8mm、アザミウマ目クダアザミウマ(有管)亜目クダアザミウマ科ツノオオアザミウマ属 (Bactrothrips) の一種でしょう。
 ヤツデの枯葉にいたのですが、BABAさんのすばらしい深度合成写真(こちら)に刺激されて、機材的にかなわぬまでも深度合成してみようと持ち帰りました。 いつものように冷蔵庫で冷凍死させようとしたのですが、1日半ほど冷凍庫に入れっぱなしにしておいても、しばらくすると動きだしました。 その時の冷凍庫の温度を赤外線温度計で測定してみると、虫を置いたあたりの温度は-10℃ほどでした。 こんなに低温に強いとは・・・。
 というわけで、今回は深度合成を諦め、通常撮影です。(以下の写真はクリックで拡大します。)

 ツノオオアザミウマ属は前にも載せています (こちら) ので、今回は腹側からも撮影してみました。

 上は頭部付近を拡大したものですが、胸部に近い場所で赤っぽい所が口です。 口と眼はずいぶん離れていて、ショウリョウバッタオンブバッタの顔を連想しました。
 上の写真では脚の先端にも注目です。 歩行時に何かに引っ掛けるような爪は見当たらず、風船のような膨らみが見られます。 この部分でくっついて歩行しているようです。

 明日はこのツノオオアザミウマの種名の同定にチャレンジしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

ウスイロチャタテ科 Ectopsocus属

Usuirochatate140120_1

 写真は体長2mmのウスイロチャタテです。 Ectopsocus属のようですが、この属名で検索すると、海外のサイトでは、よく似たもので種名の異なるものがいっぱい出てきます。 おちゃたてむしさんのこちらによく似たものが載せられていて、psocodeaさんから、日本で見られる普通種だと Ectopsocus briggsi だろうとのコメントが寄せられています。
 psocodeaさんによれば、ウスイロチャタテは枯葉を好むとのことですが、写真のウスイロチャタテのいた場所は、アラカシの葉の裏でした。

(2014.1.20. 堺市南区岩室)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

クリイロチャタテ

この記事の内容はこちらに引っ越しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

ケチャタテ科 Valenzuela scriptus

Kechatate140103_1

 写真はケチャタテ科の Valenzuela scriptus だと思います。 あちこちでよく見るケチャタテですが、和名はまだ無いようです。 体長は2.3mm、翅端までは4.3mmでした。
 雌雄を比較すると、オスの方が眼が大きいようで、そらさんのブログでは雌雄が並べて紹介されています(こちら)。 それによれば、写真のものはオスでしょう。

 チャタテムシの仲間は、咀顎目(そがくもく、Psocodea)に分類されています。 チャタテムシとキジラミを見分けるのが難しいという声を聞きましたが、キジラミの口は汁を吸うストローのような口であるのに対し、チャタテムシの口は咀嚼口です。 体つきもキジラミはセミに似ていますので、胸部の盛り上がったチャタテムシとはかなり印象が違いますが・・・
 このケチャタテの腹側から見た写真と、口周辺の拡大写真も下に載せておきます。

Kechatate140103_6

※ おちゃたてむしさんのブログでは、11月末にこのケチャタテが卵塊を保護する糸をかけている様子が紹介されています(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧